fc2ブログ

2024-04

重たすぎる・・・(−_−)ナァ

8月29日(日)

(書き出し)

えー、

うーん(−_−)、コレはある意味、
非常に「重たい」ニュース(;´Д`)カナ。


 アシッド・アタック(硫酸の)(;´Д`)



犯行そのモノには、全く弁護という
か、寄り添う余地は無いし、極めて
危険な行為ではあるし(−_−)。

ま、日常を恐怖に陥れたって点では、
非常に注目度も高いし、何より、


 様々な情報が飛び交う(´_`)ト



勿論、一番問われると言うか、感心を
持って見られるのが、「何故?」と言う
動機(−_−)ト。一部報道には、学生時代
に後輩(?)から「タメ口」をきかれた
コトなどの、自身をバカにされた言動に
対する怨み的心理が挙げられてたけど、
でも、世の中には、人を蔑んでくる人物
は残念ながら、ま、割といるし(;´Д`)ネ。

なので、「人間関係」は、いつも順風に
・・とは限らない(;´Д`)ト。ソレでも、
何とか(多少は)円滑に・・ってコトで、
みんな苦労はするんだけど、今回の場合、
その辺りが(対処する術を備えるって意味
では)上手く形成されてこなかったんか(;´Д`)ナァ。


 あと(−_−)、



犯人像の「その後」の報じ方に、彼の
趣味・嗜好や、所属していた研究機関等
の情報に、何か、如何にも「方向付け」
を感じた(;´Д`)ナァ。つまり、


 この趣味性(世界観)≒危険性が・・ヽ(;´Д`)



みたいな誘導的な(;´Д`)。この手の事例
って、「一般性」と「特殊性」をきちん
と分けて考える必要があって、同じ境遇
に置かれたら、同様の犯行は、比較的多く
の人間も行ってしまう・・となると、犯行
に「一般性」が見えてくるし、逆に、普通
は、そのような凶悪なコトは行わないので、
通常なら起こる可能性が低いことが彼個人
の気質的なモノに起因しているのであれば、
ソレは「特殊性」である所が大きい(−_−)ト。

その辺りの「境界性」を曖昧にしたまま
報じてしまうと、当然、趣味性や属性の
部分だけで「危険性」を想像させてしまう、


 偏見を助長する動きが・・(;´Д`)



世の大多数の感情論と言うか、精神性
って、やはり、全体的には


 中庸性・・・(´_`)



を暗に求める傾向があるよーで、属する
コミュニティーや文化圏(国家)の中で
最も支持されている「価値観」に近しい
コトを、何げに期待する(強いる)(−_−)ト。

なので、ソコ(中庸)から著しく離れた
価値観を持っている場合、大抵は「奇異」
な目で見られちゃう(;´Д`)ト。本来的には、
人間の精神性なんて「多様」なワケだから、
様々な価値観が存在していて然りなんだ
けど┐(;´Д`)┌ネ。いわゆる「公序良俗」に
反しない限りは、どのよーな価値観の元に
生きるのも自由(´_`)ト。

今回の件は、その部分を大きく「逸脱」した
点が、社会を脅威に晒したので、天涯孤独に
なった身の上に同情を・・ってのも、難しい(−_−)カナ。





今日のひろぴー脳内・・・

tyuuyou3.jpg


   ちゅう よォ
 「チュウ」よぉ・・・(;´Д`)






ご来店、お待ちしてまつ・・m(_’_)m

 http://uosen-jp.com

スポンサーサイト



コメント

同情の余地無し!

厳しいが「鉄拳制裁」ではなく硫酸」を使った時点で「アウト」

コレは相手がドンだけポンコツな事言っても「その場限り」の対応か、多少金積んでも「第三者」に入ってもらうのが、ベターでは?

やはり当事者以外にも火傷されてるかた居るから、アカンな。

Re: toながれヽ(´_`)ノ

ま、「猟奇的」ってコトで、
いずれは(裁判終わって)話も
葬られて終わりってなるわ(´_`)ナ。

ワシが個人的に最初ひっかかった
んは、学生時分にほぼ同時期にご
両親を亡くしてた点(´_`)ト。
話の持って行き場をほぼ無くした
感があったのかな(´_`)ト。で、
一人で悶悶として、気持ちのやり場
と言うか、心の生理の場を失った
んかな(´_`)ト。ただし、後日談
で、更なる彼の「奇行」が出て来て、
「特殊性」で考えた方が辻褄が合っ
てるよーには思った(;´Д`)ナァ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wadahiroaki.blog31.fc2.com/tb.php/5766-845434c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

ひろぴー

Author:ひろぴー
ブログの意味を知るために、日夜模索中・・(;´Д`)

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する